2019年11月3日日曜日

トリコロールマーメイズのたまプラーザテラスでのステージで元気のビタミンをもらう



横浜F・マリノス公式チアリーディングチームのトリコロールマーメイズのステージをたまプラーザテラスで見てきた。
11月3日・4日は横浜F・マリノスデーというイベントが組まれ、その一環になる。

トリコロールマーメイズは文化の日である3日に12:40〜と14:40〜の2ステージがあり、私は14:40〜の部に参加。
はじめの挨拶では、昨日のアウェイ鳥栖戦で2対1でマリノスが勝利したことが話され、勢いづく。
この日のトリコロールマーメイズは7人で、日頃よく鍛えられているせいか足がよく上がる。
感心させられた。

途中、簡単な振りを集まっていた観客たちと一緒に行うシーンもあり盛り上がった。
実はステージが始まる前には小さな子どもたちとポンポンを作るワークショップも開かれ、そのお披露目の場面でもあった。

元気のビタミンという言葉があるなら、トリコロールマーメイズのステージパフォーマンスはまさにそうである。
日頃のサッカースタジアムより近い距離ということもあり、テンション上がった。

最後、エレベーターという技もお見事だった。