2019年5月27日月曜日

シーバスに乗って海からのアクセスで港町・横浜の景色を楽しむ



港町・横浜の景色を楽しむのにシーバスに乗って海側から眺めるのが良い。
いわゆる海上バスによるミニクルージングを楽しむことができる。
横浜ベイクォーターがある横浜駅東口からシーバスに乗って直行便だと約15分で山下公園に到着する。

出発するとまず見えてくるのが、長さ860mの斜張橋である横浜ベイブリッジだ。
やがて、みなとみらい21の新港地区が見えてくる。
ヨットの帆をイメージした外観のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルや観覧車のコスモワールド、70階建ての超高層ビルの横浜ランドマークタワーなどの建物を海側から楽しめる。
赤レンガ倉庫も横浜らしく風情がある。

国際客船ターミナルの大さん橋を過ぎると、まもなく終点の山下公園に到着となる。
停泊している氷川丸は、国の重要文化財(歴史資料)に指定されている。

シーバスの良さは、水面と同じ目線で横浜港の景色が良く見渡せる客室部と、後部には潮風を感じられるデッキと両方楽しめることだ。
初夏は日差しが少し強いが、晴れ渡る青空の下、水しぶきをあげながら走るシーバスに乗ると、爽やかな気持ちになれるし、海からのアクセスは港町の様子がよくわかってまた楽しいなと思った。


・横浜クルージング
https://www.yokohama-cruising.jp/index.php