2019年3月17日日曜日

自虐ネタで笑いを取る人はすごい



テレビでお笑い芸人さんが自虐ネタをやっているのを見ると、すごいな、とても真似できないなと思う。
容姿のことだったり、プライベートなことだったり、自ら披露、または突っ込まれたりしながらも笑いにする。
コンプレックスやマイナス面を逆手に取って、思いきりがよく、カラッとしているのも特徴である。

人は、他人に少しでもよく見られたい、カッコつけたいと振る舞ってしまったりもする。
ありのままの自分を見せることさえ勇気のいることだ。

笑いのプロと言われればそうかもしれないが、客観的に自分を見ることができないといけないし、自分が笑い者になるのを受け入れる強さも必要である。

普通は自分に自信が持てないと、不安感を持ったりするもの。
それでも、自分を卑下して周りの人を心配させてしまうのはなるべく自重したい。
わずかでも前に進んでいればいいのだから。