2019年1月1日火曜日

きな粉餅は優しく穏やかな気持ちにさせてくれる



年が明け、関東地方は穏やかな青空が広がっている。
正月になると多くの人が餅を食べる機会が多くなると思う。
その中でも私がよく食べるのがきな粉餅である。
子どもの頃から大好物なのだ。

沸かしたお湯に焼いた餅を浸し、それをきな粉と砂糖を混ぜ合わせると、甘く優しく、噛み応え、喉越しと全て良い。

餅はサトウの切り餅が多い。

もちろん正月以外でも食べることはある。

餅自体は自然と力が湧いてきて消化も良く、それにプラスしてきな粉は優しく穏やかな気持ちにさせてくれるのがうれしい。
さらに、きな粉は蛋白質や食物繊維を多く含んでいる。

あなたはどんな餅が好きだろうか?