2018年12月23日日曜日

ミーハーな人たちがいるからこそ経済は回る



世の中の流行や話題に敏感で、旬な有名人に舞い上がるミーハーな人たちがいる。
悪く言えばにわかと呼ばれ、熱しやすく冷めやすい面もある。

私もミーハー気質があり、年を重ねてもトレンドを追ってしまうようなところがある。
引っ込み思案な性格ながらも、そういう部分には自分も参加したくなる。
例えば行列ができるほど原宿のスイーツのお店に並ぶ人たちの気持ちもわかる。

逆に年を重ねるごとにトレンドから遠ざかってしまう人もいるだろう。
また、元々トレンドにあまり興味がなく、我が道を行くタイプの人もいる。

世の中に新商品が出て、新たな流行を生むことは、活気につながる。
ブレイクするお笑い芸人、ミュージシャン、快挙を成し遂げ注目されるスポーツ選手など、毎年新たなスターも出てくる。
時代の流れというのもあるが、いずれにせよ何か光っているものがあるから多くの人たちに支持されるわけだ。
人々の心を動かしたり、熱狂させることができるのは、そうないだけにやはりすごいことのように思える。

既存のものを継続させることももちろん大事で、それに新しいものが加わってヒットすると世の中活気づく。
または再ブレイクすることもあるだろう。
ミーハーと呼ばれようが人気の出始めたものに飛び付くのは、それがSNS時代だからこそ拡散され、大きなうねりとなるので、経済的メリットも大きい。

全てにアンテナを張ることは無理だけれど、トレンドを追うことは生活に潤いをもたらすと感じている。