2018年9月27日木曜日

百貨店の減少は寂しいものがある



近年、百貨店(デパート)のニュースと言えば、売上高の減少、そして店舗の閉鎖といったマイナスな面がクローズアップされるようになってきた。
郊外店の苦戦、都市部の旗艦店にリソースを集中する動きが見られる。
寂しい限りである。

値が張るけれども長く使えるから買うブランド品、店員の丁寧な応対、そしてしっかりとした包装、百貨店に行くから味わえる。
また、買い物の後に寄るカフェであったり、上の方の階のレストランで食事をすることも豊かさの象徴であった気がする。

行く頻度は決して多くなくても、存在だけで安心感があったのは間違いない。

しかし、時代の移り変わりと共に、低価格帯のファストファッションやネット通販の台頭、ショッピングモールの進出、消費者の所得の減少や伸び悩みなど様々な影響を受けているのは事実だ。

何だか百貨店の閉鎖後、改装されて、家電量販店になったり、別の専門店になったり、その姿を変えた建物を見ると、時代の流れを痛感せざるを得ない。



2018年9月20日木曜日

9月20日はバスの日という



日本バス協会によると、1903年9月20日京都市(堀川中立売~七条~祗園)において二井商会がバス事業開業したことから、9月20日をバスの日に定めている。

私もバスに乗る機会はそんなに多くないがバスに乗るのは好きである。
電車とはまた違った街の中を走る感がまたいい。
用事がある場合はもちろん、少し時間に余裕がある場合にはバスでの移動も悪くない。
道に詳しくなれるし、新たな発見もある。

個人的には世田谷区あたりが面白い。

一度バスフェスタにも参加したことがあって、いろんなバス会社のバスが集まって楽しめた。

バスも昔と比べて排ガス規制や出入口の段差を無くしたノンステップバスにより、環境や人に優しくなったものである。

2018年9月18日火曜日

不安を煽る人からは離れよう!



ネット上で不安を煽るマーケティング手法が結構蔓延している。
人を不安にさせてつけいる隙に入り込もうとするのである。
そして、慌てさせてすぐに決断させようともする。
考える時間を与えないとも言える。

しかし、何も急ぐことはない。
調べてよく考えてみたり、誰かに相談してみればいい。
それは今は買う必要ない、もしくは今後も買う必要はないかもしれない。

今まで自分の築き上げてきたものに自信を持とう!
自分の軸を持ってれば、煽りに流されることなく相手にせず大丈夫である。

どの分野でもやたら煽り癖のある人を信用してはいけない。
例え親身になってきてもだ。
次々と弱味につけこんでくるだろう。

あなたからお金も自信も奪おうと不安を煽る人からは離れよう!

2018年9月10日月曜日

緑茶で一休みしよう



熱いお茶を一杯飲むとなぜかホッとする。
きっと気持ちも一休みできるのだろう。
暑い日もクーラーで涼みながらやはり熱いお茶を飲むのがいいのである。

飲み会があった日の翌朝にお茶を飲むと、体に優しい感じを受けたこともあるはずだ。

私の場合、日本茶、いわゆる緑茶は、粉茶で楽しむ。
粉茶は、茶葉を余すことなく摂取できるので栄養に良い。
少し濃い目なのが慣れてくる。

緑茶は何と言ってもビタミンCが多く含まれているのがうれしいね。
体調を整える力もある気がする。

また、京都に旅行に行った際は必ず宇治茶を買ったものである。

2018年9月8日土曜日

自分を大きく見せようとし過ぎるブロガーにはご用心



ブログは自分を表現する場所ではあるけれど、必要以上に自分を大きく見せようとするブロガーがいる。
ざっと例を5つ挙げてみると次の通り。

1.常にPVなど数値はこれまでの最高値でアピールし、平均値では語らない。

2.インタビューなどで聞かれたわけでもないのに自ら収入報告し、アフィリエイト収入では確定額でなく発生額で報告する。

3.サラリーマンの年収と自分の年商で比較する。

4.Twitterで芸能人のようにフォローが少なくフォロワーが多いのが凄い人だと思わせるアピールになると、それまで自らフォローしまくってたのに、フォロワーがある程度になった時点で大量にリムり出す(数百~数千)。

5.ブログ初心者や自分の利益になりそうにない人物には素っ気ない態度を取り、いざメディア関係者など自分の仕事に繋がりそうな相手にはへいこらして、損得勘定で大きく態度を変える。

逆にどんなにPVが増えても、知名度が上がっても、ブログ以外のメディアの仕事が増えても、これまでと変わらず謙虚な姿勢で、誰とでも分け隔てなく接する人もいるから、これは性格によるところが大きいのだろう。

とくにフリーランスになった人は自分ブランドの確立をするために、良く見せようとしたいのもわかるが、周りに動向はしっかり見られていると思ったほうがいい。

2018年9月6日木曜日

淡々とやったほうが長続きする



物事は淡々とやったほうが長続きしているケースが結構あったりする。
あなたは初めから飛ばし過ぎて息切れしてしまい、キープできなくなってしまった経験はないだろうか。
仕事にせよ、趣味や習い事においてもだ。
逆にテンションを上げすぎずにスーッと入っていったほうが、同じペースで続けられる。

わかりやすい例で言うと、フジテレビの「笑っていいとも!」というバラエティー番組が31年半続いたが、これはタモリさんが淡々と番組を進行していったからである。
反省をしないというのもまた長続きする要因になっている。

周りを気にしすぎるとそこでブレーキが掛かってしまうもの。
また、時には思い通りにいかないことも受け止めなければいけない。
これまでの経験は上手く活かしていこう。
自然な流れはあっても、淡々とマイペースを続けることが、結局は大きなところに行き着くのだと思う。