2018年6月8日金曜日

無理に変わらなくたっていい



世の中には性格的なことに対して変化を求める人がいるが、果たして変わらなくてはいけないのだろうか?
性格は生まれ持ったものや生きてきた中で形成されてきたもので、そんな簡単に変われるものではない。
また、他人にとやかく言われる必要はないとも思っている。

性格もそれぞれに個性があるから面白く、他人に半ば強制されるのはおかしい。

例えば、「明るく」と言われても、できなければ駄目扱いされるのも、駄目出しする人の価値観でしかない。
無理に変わろうとする人が思い詰めてしまうだけだ。

適材適所という言葉があるように、それぞれに適した場所で役割を果たせばいいのではないだろうか。