2018年5月20日日曜日

サッカー観戦で思う感謝の気持ち



晴れた青空の下に映える緑の芝、そして爽やかな風が吹き抜けるサッカースタジアムは心地よい。
私がよく行く日産スタジアムの芝は、特に手入れが行き届いていて実に美しい。

Jリーグ観戦に行く時に毎度思うのが、スタジアムで多くのスタッフやボランティアの方々が携わってキックオフに向け準備して動いてくださっていること。
試合をするのは選手たちだが、こうした方々の働きによって、無事安全に試合運営がなされていることを感謝したいと思う。

そして、多くのサポーターもまた試合に向けて準備している。
ホームの雰囲気を作ること、チャントで選手たちをしっかり後押しすること。
選手たちと同様に戦っているのである。
前向きな気持ちでなければいけない。

いざキックオフ。
ピッチの上では、選手たちが監督の戦術に沿ってそれまで練習してきたことを表現し、チームの勝利のために必死に駆け回っている。
球際での競り合い、守備から攻撃へ、攻撃から守備への切り替え、予断を許さない展開が続いていく。

勝負の世界は非常に厳しい。
ほんのわずかな差が勝敗を分けることもある。
なかなか勝てない時期もある。

昨日の日産スタジアムで行われたJ1リーグ第15節の試合は、横浜F・マリノスが5対2でV・ファーレン長崎に勝利した。
サッカーでは5点入ることはなかなかないだけに嬉しい。
こういうご褒美があると応援していてまさによかったと思う。

ゴールが入った時の喜びを分かち合うスタジアムの一体感は最高だ!

そして、選手たちのプロとしての素晴らしいプレーや全力プレーには、いいものを見せてくれてありがとうと言いたい。