2018年5月15日火曜日

整理整頓は溜め込まずに日頃コツコツやるマメさが大事



近年、「持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人」を定義したミニマリストという言葉が注目されるようになった。
無駄を省くのはいいが、あまりストイックに成りすぎるのも個人的にはどうかと思う。

世の中には整理整頓を得意な人がいれば苦手な人もいる。
私も決して得意な方ではない。
ただ思うのはきちんと分類できないなら、物を増やさず捨てるしかないということ。
それも溜め込まずに、不要な物はマメに捨てるクセをつけるのがベスト。

物が一定量以上増えてしまうとやっぱり頭の整理ができなくなってくる。

紙類はカタログとか下手に貰わないほうがいい。
後で役立つとか思って取っておくと貯まる一方だから。
ネットで画面でも見れる。

あと洋服類はバーゲンで買うのはやめよう。
安いからと必要以上に買ってしまった経験は誰にもあるだろう。
バーゲン会場ではお祭りのような騒ぎで、音楽をガンガンかけるから、冷静な判断などできるわけがない。
もし買うのであればはじめから狙っていた商品だけにしたほうがいい。

最後に一番大事なのが、使って出した物は終わったら自分が決めた元にあった場所にちゃんと戻すこと。
出しっ放しは行方不明の元だから。
定位置の原則を崩さないことが、次以降困らずにサッと出せるので。