2018年4月20日金曜日

人生が変わると安易に言い過ぎる人には気をつけよう



自己啓発の本のみならず、「人生が変わる」という言葉が世の中にはあふれている。
ブログでもそのような記事を書いている人は意外と多い。

節目で過去を振り返る時に、分岐点があってそれを語るのはいいと思う。

しかし、日常茶飯事のように「人生が変わる~」と語り始めると聞く方はまたかとうんざりしてしまうだろう。
そんなにあなたの人生は軽くて、簡単なものなのかと。
また、大げさではないかと感じてしまう。

ノウハウで商売をしようとするのはいいが、それなら再現性が大事で、成功に至るまでのステップがしっかり構築されてなければいけない。

新しいチャレンジをして、少しずつ進歩して効果が出てくるのは誰でもうれしいもの。
小さなことからコツコツ積み上げたものがやがて大きなところへいけるのだから。
そこまでいくのにそんなに簡単ではないからこそ、安っぽく後で語るべきではないと思う。