2018年4月28日土曜日

本屋で立ち寄るのはコンピュータ・ITコーナー



私は本屋に行くと必ず立ち寄るコーナーにコンピュータ・ITコーナーがある。
中でもブログ、アフィリエイト、SEO、スマホといった関心の強い分野になる。
実際に所有している書籍もそういったものばかりだ。
新しい書籍が出るとやっぱり気になってしまう。

普段訪れない書店では、在庫検索機が設置されていると、やはり時間短縮で頼りになる。
スマホからも検索可能だとあらかじめ知ることができるので、なおよい。

都心の大型書店だと著者の手書きによるPOP広告も置いてあったりして、頑張ってるなと思う。
応援したくなる。

書店員の棚作り、本の並べ方も、客の購入意欲に少なからず影響するだろう。

出版社から書籍という形になっていると、編集者の力もあるし、イラスト、図表、管理画面キャプチャーなどの配置も絶妙で、実に魅力的なものに仕上がっていると思う。
色使いもプロだなと感じさせてくれる。

これらは個人ブログや個人出版(電子書籍含む)にはないクオリティーだ。

IT分野は情報の移り変わりが激しいけど、著者による基本理念の部分に個性が出ていてそこが面白い。