2018年4月30日月曜日

図書館はホッとする場所で、スマホから蔵書検索・予約も便利



私の図書館との出会いは小学5年生の時だった。
その頃に通っていた小学校の程近くに図書館が新しく開館したのである。
貸出券を作って休みの日になると何冊も借りるのが楽しみだった。

中学生、高校生になると学校の図書室に行った。
大学生になると行動範囲も広がり、学校の図書館のみならず、色んな地域の図書館に出向くようになる。
また、小学校時代に通っていた図書館にも回帰する。
大学時代の図書館の利用方法は本を読むだけでなく、自習室で勉強もした。

社会人になると忙しくなり、行く頻度はぐっと下がっていったが、それでも図書館はやっぱり私にとってホッとする場所に変わりない。
年齢が上がるにつれ、読む本の分野は変わってくるが、知らない知識を得るのは冒険に出て何かを掴み取ったような気にもなる。

結局、図書館の良さは自由さにあると思う。
決められたものでなく、自主的に学べる場なのである。
誰かに強制されることもない。
そして、静かな場所が好きなら図書館は居心地が良い。

一つオススメなのは、その図書館の地域ならではの資料を読むこと。
歴史的背景を学べて思わぬ発見を得られるかもしれない。

また、図書館は蔵書検索・予約がスマホからもできるので、何かと便利だ。
書名、著者、キーワードで検索できる。
検索結果の書名の部分をクリックすると該当する図書、雑誌および視聴覚資料の詳細情報が表示される。



2018年4月29日日曜日

ドコモオンラインショップならこんな利点がある



ドコモショップや家電量販店などで、スマホやタブレット、ケータイを購入すると、手続きの時間やオプションが色々付いてと手間がそれなりにかかる。
そんな時、スマートに購入するならドコモオンラインショップである。
購入ガイドの通り流れに沿って手続きすれば、最短で2日で届く。

なお、未成年名義の購入はできない。

では、ドコモオンラインショップ5つの利点について紹介していこう。

1. 分割払いで商品を購入する場合は、全機種頭金が0円になる。
ドコモショップによっては頭金5,000円(税抜)かかる。

2. 機種変更の事務手数料が特別価格になる。
Xi → Xi 無料
FOMA → Xi 2,000円(税抜)
FOMA → FOMA 無料

3. 1回の注文金額の合計が2,500円(税抜)以上の場合は全国どこでも送料無料になる。
2,500円(税抜)に満たない場合、宅配便および、コンビニ受取の場合は500円(税抜)、メール便の場合は200円(税抜)かかる。
ただし、ドコモショップ受取の場合は1回の注文金額にかかわらず送料および手数料は無料となる。

4. ポイントの利用は1ポイント=1円(税込)として1ポイント単位で利用でき、携帯電話・オプション品の購入はもちろん、送料やコンビニ受取・メール便手数料にも利用できる。

5. 商品は自宅の他にコンビニ(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)、ドコモショップでも受取が可能。
ただし、オプション品のみの注文の場合、ドコモショップでの受取はできない。
コンビニ受取は機種変更とオプション品の受取には対応しているが、新規・MNPの場合は対応していない。
メール便はオプション品の購入のみで、ポスト投函になる。

商品到着後は、設定・開通作業を自ら行わなくてはいけないし、データの移行もある。
プランの変更や質問を店員と対面で行って確認したい場合は、店頭でということになるが、ドコモマイショップに加入しているなら来店予約がスマホやパソコンで行える(各店舗で設定している予約可能な日時に限られる)ので活用したほうがいいだろう。
商品検索や在庫予約も行える。


ドコモオンラインショップ
https://www.mydocomo.com/onlineshop/home/index.html

2018年4月28日土曜日

本屋で立ち寄るのはコンピュータ・ITコーナー



私は本屋に行くと必ず立ち寄るコーナーにコンピュータ・ITコーナーがある。
中でもブログ、アフィリエイト、SEO、スマホといった関心の強い分野になる。
実際に所有している書籍もそういったものばかりだ。
新しい書籍が出るとやっぱり気になってしまう。

普段訪れない書店では、在庫検索機が設置されていると、やはり時間短縮で頼りになる。
スマホからも検索可能だとあらかじめ知ることができるので、なおよい。

都心の大型書店だと著者の手書きによるPOP広告も置いてあったりして、頑張ってるなと思う。
応援したくなる。

書店員の棚作り、本の並べ方も、客の購入意欲に少なからず影響するだろう。

出版社から書籍という形になっていると、編集者の力もあるし、イラスト、図表、管理画面キャプチャーなどの配置も絶妙で、実に魅力的なものに仕上がっていると思う。
色使いもプロだなと感じさせてくれる。

これらは個人ブログや個人出版(電子書籍含む)にはないクオリティーだ。

IT分野は情報の移り変わりが激しいけど、著者による基本理念の部分に個性が出ていてそこが面白い。



2018年4月27日金曜日

小田急の青いロマンスカーMSE(60000形)は、足元に余裕があって良い



あなたは小田急の青いロマンスカーMSE(60000形)に乗ったことがあるだろうか?
乗ってみると、前の席との間が広くとられていて、足を伸ばせてラクなのだ。
その分、シートは薄型設計になっている。

そして、座席背面には傘を持って乗車した場合でも置場に困らないように傘ホルダーも設置されているので、煩わしさもない。

天井の間接照明も優しい感じで、快適に過ごせるだろう。
外観はEXE(30000形)みたいで、内装はVSE(50000形)みたいと両方楽しめるところも魅力だね。

この青いロマンスカーMSE(60000形)は、2008年3月に日本で初めて地下鉄を走る座席指定制有料特急として話題になった。
東京メトロ千代田線に乗り入れ、平日は大手町方面~本厚木間を結ぶビジネス特急として、休日は北千住~箱根湯本間などを結ぶ観光特急としての役割を担っている。

また、2012年3月からはJR御殿場線にも乗り入れ、新宿駅と御殿場駅を結ぶ「あさぎり号」として、2018年3月からは「ふじさん号」と改称され、活躍している。

2018年4月26日木曜日

正統派モバイラー



私の現行端末は、ドコモのiPhone 7 32GB(シルバー)とdtab d-01J(シルバー)で、これにWi-Fi専用としてiPad mini 4 16GB(ゴールド)が加わる。
iOSとAndroidの両方を使ってるだけで、一般の人には少し不思議がられるかもしれない。

しかし、世の中にはマニアもいて、大量の端末を日常的に持ち歩いていたり、SIMフリーの海外端末を取り入れていたりと、もっと積極的にスマホの世界を極めていっている人たちもいる。
私も何度かそういう人たちが集まるオフ会に参加したものだが、実に奥深い。
異端に映るのは確かだ。

ここ数年は格安SIM業界が盛り上がりを見せてきて、家電量販店では従来の大手キャリアとともに格安スマホコーナーが設けられている。

私はとくに変わらずドコモのキャリアを使い続けて、速度の恩恵にあやかっている。
iPhoneとdtabという組み合わせはごく普通の面白みのないものかもしれないが、シンプル思考の自分にはちょうどいい。
いわゆる正統派モバイラーと言えよう。

またブログの更新にタブレットを使っていて、とくに問題なく役立てている。

2018年4月25日水曜日

デジタルな日々の中でたまにはアナログな世界にも目を向ける



デジタルな毎日を送っている現代社会では、スマホやパソコンといった情報機器だけでなく、様々なシステムがコンピュータで管理され、家庭でさえも白物家電でデジタルが入り込んでいる。
そんな中で、たまには古いものを鑑賞したくなり、私の場合は美術館に古美術を鑑賞に行くのだけれど、なぜか心が落ち着く。

茶道具であったり、絵皿であったり、花瓶であったり、昔の人が手で器用に作りあげた作品を見ていると凄いなと思う。
データ管理できる時代ではなかったのに、精密に作られていて、その能力の高さに驚く次第である。

デジタルな日常からたまにふとアナログな世界に飛び込むと、疲れから開放されるのかもしれない。
別に自分でコレクションする必要はないし、そうした昔のアナログなものを集めた展覧会にたまに訪れるだけでタイムスリップしたかのような気分になれる。

またどんなにITが進化しても、アナログの手帳がそれなりに売れ続けるのは、手書きによって記憶に残る、その時の気持ちが文字に表れるなどの利点もあるわけで、デジタルとアナログ、自分に合った使い分けが上手くできるといいだろう。

2018年4月24日火曜日

dポイントカードを持ってからローソンでの買い物が増えた



ドコモショップでプラスチックのdポイントカードを発行登録(無料)してから、dポイントを貯めるために、飲食物はコンビニのローソンでの買い物が多くなった。
反面、セブンイレブンやファミリーマートに行く頻度は減った。

dポイント加盟店の中では、店舗数も多くて何かと便利なのがやっぱりローソン。
ボーナスポイントが付く商品もあるので、そういうのを狙ってポイント稼ぎをしてしまいたくなる。

支払いの時にdポイントカードを提示すればdポイントが進呈され(100円につき1ポイント)、レシートにポイント数がすぐにわかるし、スマホから後で獲得履歴を見たりする。

それからd POINT CLUBサイトのアンケートに答えてdポイントを貯めることもできるからこれも見逃せない。

で、結局貯めたdポイントは、毎月のドコモの通信費や機種変更の代金に充てたりしている。

4月30日からはドラッグストアのマツモトキヨシでも利用可能になるので、dポイントの利用箇所が増えるのは歓迎である。


d POINT CLUB 街のお店でつかうページ
https://dpoint.jp/ctrw/web/use/town/town_use_list.html

2018年4月23日月曜日

携帯電話充電時の7つの注意事項

NTTドコモの公式サイトに携帯電話の充電について注意事項が載っていたので、簡潔にまとめてみた。
以下の7つになる。

1. 充電端子は正しい向きでまっすぐ差し込み、抜き差しは無理な力を入れない。
2. 充電ケーブルに無理な負荷はかけない。
3. 携帯電話本体や充電端子が濡れた状態では絶対に充電しない。
4. 充電中、ACアダプタは熱を持つので注意する。
5. 使用中、待ち受け中、充電中は、布などでくるまない。
6. 充電しながらの長時間の使用は、携帯電話や電池パックの温度が高くなることがあるので注意する。
7. 充電器はキャリア指定の純正品を使う。

基本的なことだけれど、毎日使うものだし、無理せず正しく安全に使っていきたいものである。

動画もあるので紹介したい。




充電についてページ
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/safety/charge/index.html

2018年4月21日土曜日

ブロガー名刺は見ていて楽しい



ブログをやっていてオフ会に参加する時のために用意しておきたいのがブロガー名刺である。
会社の名刺のように決まったスタイルもなく、自分の好みに合わせて自由に作れるところがまた面白いところ。

名刺印刷をネットで注文する人も多いと思うけど、私の場合は直接印刷屋に出向いて作ってもらっている。
数あるデザインの中から自分の好みのものを選び、パソコンが用意された席で必要事項を入力し、細かな調整箇所を店員と対話して決められるのがよい。

名刺は載せる情報を最小限に抑えている人から自分の関心のあることを目一杯載せる人までそれこそ様々。
私はシンプルなのが好きなので割りとさっぱりしている。
ただweb上でメインカラーというのはそれぞれにあると思うので、アクセントにそのカラーを入れたほうがいいだろう。

名刺ホルダーに収まっているこれまでにもらったブロガー名刺を見てみると、横長・横書きスタイルが多い。
とにかく見ていると、イラストだったり、写真だったり、素材に差をつけていたりとそれぞれの個性が出ていて楽しい(^^)。

これは余談だが、名刺ホルダーの収納方法としては、時系列に収納するのがラクだし、後で思い返しやすいのでオススメである。



2018年4月20日金曜日

人生が変わると安易に言い過ぎる人には気をつけよう



自己啓発の本のみならず、「人生が変わる」という言葉が世の中にはあふれている。
ブログでもそのような記事を書いている人は意外と多い。

節目で過去を振り返る時に、分岐点があってそれを語るのはいいと思う。

しかし、日常茶飯事のように「人生が変わる~」と語り始めると聞く方はまたかとうんざりしてしまうだろう。
そんなにあなたの人生は軽くて、簡単なものなのかと。
また、大げさではないかと感じてしまう。

ノウハウで商売をしようとするのはいいが、それなら再現性が大事で、成功に至るまでのステップがしっかり構築されてなければいけない。

新しいチャレンジをして、少しずつ進歩して効果が出てくるのは誰でもうれしいもの。
小さなことからコツコツ積み上げたものがやがて大きなところへいけるのだから。
そこまでいくのにそんなに簡単ではないからこそ、安っぽく後で語るべきではないと思う。

2018年4月17日火曜日

Googleの「Blogger」を使ってみての感想



Googleのレンタルブログサービス「Blogger」は、blogspot.comというアドレスを使って運営されている。
利用者は独自ドメインによる運営も可能である。
私もお名前.comで取得したドメインを使って1週間前に始めてみた。
HTTPSを有効にする設定をした。

設定やカスタマイズについては、検索して色々なブログに情報が載っていたので、ヘルプのページより役に立った。

Bloggerのテンプレートは少ない中から選ばなければならないので悩ましいところ。
結局パソコン版のテーマは「Awesome Inc.」にしてみた。
モバイル版のテーマは「カスタム」にしている。

デザインについては、表示を確認しながらあれこれいじってるとあっという間に時間が過ぎてしまう。

最初、アップロードした画像がどこに保存されたのかが見当たらなくて不思議に思ったけど、これはGoogleアルバムアーカイブに保存されている。

プラグインのことを「ガジェット」と呼ぶのもなんかカッコいい。

投稿記事を分類するためのカテゴリー分けの「ラベル」という機能もあり、一度設定すれば、次回以降同じ分野の記事を書く時にはそのラベルを呼び出せばよい。

Bloggerは無料で利用でき、広告表示もなく、利用者はタグの制限を受けずにアフィリエイト広告を貼ることができる。
機能も充実していて、自由度も高い。
アクセス解析には、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力して設定保存すれば簡単にすぐ使える。

一番良いのはGoogleが運営しているだけあって表示速度が速いということである。
これは最高のメリットと言えよう。

Bloggerはあまり知名度はないものの、優れたサービスに思う。

2018年4月15日日曜日

旅行に行くとアグレッシブになる



あと2週間くらいでゴールデンウィークがやってくる。
旅行に出かける方も多いかと思う。

私の場合、基本的に旅行はツアーには参加せず、自分の行きたいところをまわるスタイルになる。

つい旅行に行くとびっしりと予定を入れてしまい、いつも慌ただしい。
本当は少し余裕を持たせればいいのだが、せっかくの旅行なので、もったいないのか夢中になっていろんなところをまわる。
ホテルで朝食をたっぷり摂り、昼食を食べずに観光を続けることもよくある。

絶対に見ておきたい景色や建物を逃さず、そして写真におさめたいと夢中になっている。
もちろんお土産もしっかり買いたいから余計に時間がない。
帰りの飛行機や新幹線に乗るまでの許される時間まで走りきるといったほうがいい。

いつも帰りはクタクタになるのだが、旅は人を豊かにするというのは本当だと思う。
現地の人たちの親切な案内も温かい気持ちになれるのだ。

2018年4月14日土曜日

集中力を養うならバッティングセンター



最近集中力が落ちてるなとか、集中できないなと思ったら、少し疲れてるのかもしれない。
まずはゆっくり深呼吸して気持ちを落ち着けよう。

集中力を養うならバッティングセンターをオススメしたい。

はじめに、自分にとってちょうどいい速度よりワンランク速いバッターボックスを選ぶ。
振り遅れたり、差し込まれたりしながらも、ボールになんとかバットを当てようと懸命になる。
バットの出をはやくしたりと工夫していつの間にか集中している自分がいる。

次に選ぶのは、自分にとってちょうどいい速度のバッターボックス。
先程、速いボールに目が慣れているので、今度は確実にボールをバットに当てることができる。
しっかりと芯でとらえて前に運べると充実感も高まる。

バッティングセンターは何もストレス発散のものだけではない。
よくボールを見てしっかりとらえることにより集中力を養えるのだ。
体に覚えさせることができるのは大きい。

2018年4月13日金曜日

イベントの運営時間は厳守しよう



イベントは参加者から大切な時間を預かっていることを運営者は肝に銘じなければいけない。
有料イベントならお金もだ。

中には遠方から飛行機や新幹線に乗って来る人もいるかもしれない。
帰りの時間やイベント後の予定に影響が出るようでは困る。
もちろん会場を借りている以上、決められた時間内に退出しなければならないのはあるが、終了予定時刻より明け渡し時刻まで余裕がある時こそ気を引き締めたいところだ。

そもそも開始時間が遅れれば参加者は不安に感じるだろう。
もし準備不足なら周りの人にどんどん手伝ってもらえばいい。
スタートが遅れるほうが問題だ。
また、終了後の片付けも同様、周りの人にお願いすれば、すんなり終わるだろう。
少しくらいなら、大抵の人は快く手伝ってくれるはずである。

イベントの進行についてはあまり内容を詰め込み過ぎないようにしたい。
登壇者も決められた持ち時間で終えられるのがプロ意識というものだろう。
大学の頃、終了の時間が過ぎても講義を続けている教授がいたが、これでは自己満足と見られかねない。
イベント参加者にとって、聞きたいお題が、時間が押すことによって端折られるのは残念なので、避けるべきだ。

2018年4月12日木曜日

好きなブログと嫌いなブログについて



世の中にはたくさんのブログが存在するが、それぞれにいろんなカラーが見られる。
ここでは私の好きなブログと嫌いなブログについて言及していく。

まず自分の好きなことをとことん追求しているブログは面白くて好きだ。
あらゆる角度からまたそれを伝えるので魅力的になる。
趣味と言えるのか、もはや研究対象になるのか?
他人の目をあまり気にせずに、自分の世界を作り出していく。
その分野が本当に好きなんだな、楽しんでるなというのが、文章や画像から伝わってくる。
熱心で、よく調べていて、現場に足を運んで検証を行うなど、完成度も高い。
そして、私の知っている限りでは謙虚な人も多く、万人わかりやすく伝える術も持ち合わせていたりする。

逆に自分を必要以上に大きく見せて、上から目線で押し付けがましい、説教臭いブログは苦手である。
その手のブログは、著名人の名言紹介や自己啓発の要素が濃かったり、自身の有料コンテンツへやたら誘導しようとする傾向も見られる。
併して極端な物言いで煽り行為を常習的に行う者もいるので、そういう人とは距離を起きたい。
何かを称賛する代わりに何かを蔑ますような手法をされるのは、見ている人にとって決して気持ちのいいものではない。
もちろん自分の意見をはっきり言うこと自体は決して悪いことではなく必要なことだとは思う。

2018年4月10日火曜日

独自ドメインでBloggerを開始



4月7日にお名前.comで独自ドメイン「mobamemo.com」を取得した。
申し込み時にwhois情報公開代行(新規登録と同時なら無料)にチェックを入れた。
私はコンビニ払いにしたが、すんなりと受付完了し、無事取得となる。

次にBloggerに取得した独自ドメインの設定を行う。
管理画面の設定→基本→公開ブログのアドレス→+ブログのサードパーティURLを設定→(私の場合)「www.mobamemo.com」保存。
HTTPSの使用は、「はい」を選択。

その次にお名前.comでのDNS設定を行う。
管理画面のネームサーバーの設定→DNS関連機能の設定→DNSレコード設定を利用する[設定する]ボタンを押す→DNSレコードの入力→[管理画面へ進む]ボタンを押して設定内容を保存。
DNS設定が有効になるのを待って確認できたら完了となる。

一連の作業はググれば出てくるのでそんなに難しくない。
まぁ初めてのことだから勉強になった。

ブログをやっている人たちの間では独自ドメインで運営していないと認めないような雰囲気はヒシヒシとこれまで感じていた。
私自身、とくに独自ドメインにこだわりはなかったが、「mobamemo」という名前を活かしたドメインを何となく作ってみたくなったので実行した次第である。
ブログサービスの「Blogger」も初めてなので、合わせてゆるりと楽しんでやっていきたい。