2019年7月15日月曜日

昔ながらのシンプルなかき氷が好き



関東では梅雨寒の日が続いている。
7月に入ってとにかく日照時間が少ない。

だが夏なので、やっぱりかき氷を食べたくなる。

そして夏だけではなく、最近では季節に関係なくかき氷が何かと話題だ。
インスタ映えするような色々なものがトッピングされたものとか。
フルーツやらクリームやらゴテゴテと盛られた派手なものがよく情報番組などで取り上げられている。

私はそういったものより、昔ながらのシンプルなかき氷が好きだ。
氷にただシロップをかけただけのもの。
シロップはイチゴかメロンがいい。

フルーツはフルーツでかき氷とは別に食べたい。

かき氷は日本の夏の風物詩と言えよう。
理想はふわふわの天然氷である。

2019年7月5日金曜日

一蘭の細麺のとんこつラーメンを食す



久しぶりに天然とんこつラーメン専門店「一蘭」のラーメンが食べたくなったので、下北沢店に行ってみた。
福岡に行った時に食べたことはあったけれど、東京では初めてである。

店内は全てが仕切り付きのカウンター席となっている。
ラーメン(890円)の食券を買い、空いている席に着くと、注文票が置いてあるので、ボールペンで好みの味に丸をする。
正直加減がよくわからなかったので、点線の丸でおすすめが囲ってある通りにした。
そして、呼び出しボタンを押して一緒に渡す。

ラーメンは注文してから割りとすぐに出てきた。
細麺のラーメンにチャーシュー、青ネギ、中央には唐辛子入りの赤い秘伝のたれがのっている。
食べやすく、どこか上品で、体に優しい感じのするとんこつラーメンだった。

なお、各席の左側には水道の蛇口があり、コップも置いてあるので、席を立つ必要もない。
背後にはハンガーとティッシュまで設置してある心遣いだ。

ラーメン自体を食べるのは久しぶりだったが、また一蘭に行ってみたいと思える。
仕切りがある分、集中してラーメンを食べられるのは良い。



私が行った一蘭下北沢店は、小田急線・京王井の頭線下北沢駅南西口より徒歩約2分のところにある。
営業時間は11:00~翌6:00で年中無休となっている。

2019年6月26日水曜日

旧朝香宮邸の東京都庭園美術館で白金台のお屋敷気分を味わう



1933年に建てられた朝香宮邸は、1983年より東京都庭園美術館として公開され、港区白金台5丁目にある。
入り口の門から邸宅までの道路の広さや距離がお屋敷気分を味あわせてくれる。
美術館は本館が約3年間にわたる改修工事を経て2014年11月にリニューアルオープンし、隣接して新館も建設され、同時期にオープンしている。

現在も本館はアール・デコ様式が留められている。
大広間の天井に設置された格子縁に40個の半円球の照明が印象的だ。
渡り廊下でつながった奥には新館があり、こちらはミュージアムショップやカフェも併設している。

庭園は芝生広場、日本庭園、西洋庭園の3つのエリアに分かれて、綺麗に整備されている。 
2階の大きな窓から眺める庭はまた格別だ。



今回、展覧会「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」が開催されていたので観賞してきた。
人物、花、景色ともに明るくて色使いが綺麗でわかりやすくて好きな作品ばかりだった。
真っ直ぐで素直な印象を受けた。

なお、休館日は毎月第2・第4水曜(祝日の場合は開館、翌日休館)と年末年始となっている。

2019年6月18日火曜日

雲の形は様々で実に面白い



空を見上げると、雲が夏らしくもくもくとしてきた。
わたがしみたいにふわふわとして見える。
子どもの頃、あの雲を食べてみたいと思った人も少なからずいるだろう。
晴天の濃い青空によく映える。

梅雨の中休みで、スカッと晴れると気持ちがいい。

雲はいろいろと形を変えるから、その時にしか見えない姿がある。
動きも速い。
上昇気流のあるところではどんどん雲がつくられて、逆に下に向かって風が吹くところでは雲は消えてしまう。

普段忙しいと下ばかりを向いてしまいがちだが、時には上を向いて空を見よう。
リラックスできて、少し心に余裕が生まれるだろう。
そして、面白い形の雲を見つけられるかもしれない。

2019年6月9日日曜日

夏はユニクロの定番「ドライカノコポロシャツ」を着る



夏になると、汗を吸収してくれて、それなりにきちんとした印象のポロシャツを着る機会が増える。
中でもユニクロはカラーも豊富なので選ぶのも楽しい。

先日、ユニクロで35周年誕生感謝祭をやっていてお得だったので、ドライカノコポロシャツ(半袖)のMサイズを購入した。
カラーはこれまで買ったことのない「16 RED」にしてみた。
ドコモレッドっぽい上品さがある。
汗をかいても乾きやすいドライ機能を有した鹿の子素材を使用しているので助かる。

表地の光沢の良さやなめらかな風合い、裏面の糸も柔らかくて伸縮性に富んでおり、着やすい。
ジャケットを合わせても、襟がいい感じに首回りを演出してくれる。

素材は、本体が綿72%・ポリエステル28%、リブ部分がポリエステル72%・綿28%。

色違いで欲しくなるそんな定番商品である。